2021-05-27

皆農塾・恵子さんを訪ねて ~ オーガニックな野菜づくりと暮らし ~

先日、久しぶりに皆農塾の恵子さんを訪ねた。

恵子さんは、柴崎さんや「つむぐ畑」のみんなが師と仰ぐその人である。

皆農塾は、寄居町で長い間有機農業を実践し、後継者を育て続けてきた寄居町の有機農業、オーガニックな農業を実践してきた草分け農家だ。

長い間、農薬や化学肥料を使わずに育てた正にオーガニック野菜と有精卵を生産販売している。

恵子さんは、当時よりオーガニックな野菜づくりとオーガニックな暮らしを自らも実践している。

この日は、恵子さんに初めて「青畑」と呼んでいた畑とは違う東の畑を案内してもらった。

そこには早生のジャガイモから、長期貯蔵に向くというジャガイモまで数種類のジャガイモが立派に育っていた。

ハウスの中では、ニンジンやエンドウ、インゲン、キュウリが早くも実を付け始めていた。

ふっくらしたエンドウ豆を鞘からもいでそのまま口に入れてかみしめると、甘い緑の香りが口いっぱいに広がった。軽く火を通したらいっそう甘みを増すことだろう。

ニンジンは、抜いた瞬間に甘い香りが豊かに広がった。(家では家内も、ニンジンを手にした瞬間に「ワーッ!良い香り!」と感嘆の声を上げた。)

恵子さんが、野菜の生育状況を見ながらその野菜の様子を私たちに色々説明してくれた。

長い間土づくりにこだわり、農薬や化学肥料を使わずに育てた正にオーガニックな野菜は香りも豊かで、美味いのは言うまでもない。ぜひ実際に味わってほしい。

ただ、野菜は季節のもの、それも天候や気象状況によって生育も左右されてしまう。その地域では、季節によって収穫できる畑の野菜がほとんど無くなってしまう時期もあるが、恵子さんの通年野菜を切らさず、お客さんに届けようとする工夫や努力を垣間見ることができた。

 

皆農塾・鈴木恵子さんのインタビュー

関連記事

コメント1件

  • […] 実は私、みんなで食べるこの恵子さん(師)ランチが楽しみで仕方がない、もしかして、、ランチに呼ばれていた? […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。